2015年11月 第2回目

身近な2音節の単語を用いて、言葉を覚えながら、ひらがなの稽古をします。

151114-01 151114-02

左利きの矯正も目的のひとつとして稽古していますが、なかなか難しいところです。

毛筆は筆記用具ではなく特殊な道具だと認識して使用してくれるので、比較的すんなりと右手で持ってくれますが、鉛筆はどうしても持ちやすい左手で使う傾向が出てしまいますね。